• 映画を少しばかり外から眺めてみるそのカタチ
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31
    カテゴリ
    LINKS
    IMDB
    Internet Movie Database
    JMDB
    Allcinema Online
    日本映画データベース
    UNIJAPAN
    日本映画情報データベース
    HOGA Central
    邦画最新情報(英語)
    The National Museum of Modern Art, Tokyo
    東京国立近代美術館
    フィルムセンター
    Japan Film Comission Promotion Council
    全国フィルムコミッション連絡協議会
    Federation of Japanese Film Industry, Inc.
    映画産業団体連合会
    Motion Picture Producers Association of Japan, Inc
    日本映画製作者連盟
    Japan Video Software Association
    日本映像ソフト協会
    British Film Institute
    英国映画協会(BFI)
    JASIAS
    日本映像学会
    JSCS
    日本映画学会
    Senses of Cinema
    オンライン映画批評ジャーナル
    Scope
    オンライン映画学ジャーナル
    CineMagaziNet!
    オンライン映画学術批評誌
    Japan Focus
    オンライン日本研究ジャーナル
    Kinema Club
    キネマ倶楽部
    Eiga.Com
    エイガ.ドッド.コム(情報)
    Cinema Topic Online
    シネマトピックオンライン(情報)
    Midnight Eye
    ミッドナイトアイ(アジア映画情報)
    Masters of Cinema
    マスターズオブシネマ(映画情報)
    EIRIN
    映倫管理委員会(公式)
    MPAA
    Motion Picture Association of America (米国映画協会)
    bbfc
    British Board of Film Classification
    (英国映画分類委員会)
    CERO
    コンピューターエンターテイメントレーティング機構
    Box Office Mojo
    興行成績データベース(英)
    ---------------------------------
    読んで「なるほど」と思ったら↓のリンクをクリックして応援お願いします。
    ブログランキングネット

    人気ブログランキング

    映画ブログ村

    人気UPランキング映画・芸能

    ブローグ(ランキング)
    ----------------------------------

    映画学メモ
    *映画学的相互支援サイト
    ためになる映画学入門、
    現在第17回目シネレッスン
    映画とジャンル
    をメモ中!

    ---------------------------------
    <他BLoG LiNK>

    le monde lunatique
    おとぼけ映画批評
    KagoCinema Life
    Slow Train
    Twitch
    知られざるアニメーション
    映画史探訪
    boid
    Hollywood Party
    映画生活(情報)
    赤パン帳 (ΘェΘ)
    ---------------------------------


    最新のトラックバック
    テラびしょびしょw
    from お・な・に・ぃ
    『SAYURI』'05・米
    from 虎党 団塊ジュニア の 日常..
    『SAYURI』'05・米
    from 虎党 団塊ジュニア の 日常..
    名和秋 更衣室を盗撮
    from プロボーラー 名和秋 更衣室..
    負けても勝ち組w
    from ドンパッチ
    ≪40歳の童貞男≫
    from ミーガと映画と… -Have..
    フォロー中のブログ
    以前の記事
    タグ
    検索
    その他のジャンル
    ファン
    記事ランキング
    ブログジャンル
    画像一覧
    <   2006年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧
    『UDON』を観て思ったこと。
    公開4週目にして未だ国内観客動員数ランキングの8位に食い込んでいる『UDON』、観てきました。人生で初めて、劇場を途中退場しようかどうか本気で迷った作品でした(苦笑)。というのも、この作品が「映画」である理由が見出せないのですよ。前半はフジテレビという会社と、日産と、マルちゃん等々のスポンサーの1,800円払って観させられるコマーシャル(&トータス松本の自己満足)で、後半からようやくナラティブに集中し始めて、残り1/3くらいで一気に完結させるため強引にストーリーを動かしていく…、それでは何が言いたいのかわかりません…。もちろん前半でも物語を繋げようとする努力は痛々しいくらい垣間見えるんですが、あまりに「障害物」が多くて現実世界に引き戻されてしまい、私は全然入り込めませんでした、『UDON』という世界には。確かに一つ一つのシークエンスはとても面白いですよ。細かいところまでこだわってると思います。そのこだわり方が良いか悪いか、必要か不必要かは別の議論としてですが(汗)でも最初から最後まで一つの作品としてみると、すごくストーリーが希薄なんですよね。「ソウル・フード」とか、「笑いとは何か」とか、そういったテーマや問題提起を堂々と手抜きしてテロップ使って見せておきながら、それがストーリーと結びついていかない。というよりは、明らかにその二つを結びつけるはずの「父と息子の物語」があまりに蔑ろにされているため、ストーリー全体が消化不良を起こす結果となってしまったのではないでしょうか。

    e0039500_0364581.jpg

    以下、ネタバレ注意。

    e0039500_0373660.jpg

    ヴォイスオーバーで語られるところの「彼」=「この物語の主人公」である松井香助は世界中を「笑わす」という夢を持ってアメリカに飛び出します。しかし、観客に笑われることはあっても、コメディアンとして観客を笑わせることはでないまま、借金を抱えて香川の製麺所を営む実家に帰郷。そこで出会ったのが彼にとって「ソウル・フード」である、うどん=”UDON”。彼はその魅力に気付き、反発していた父親に頭を下げて、製麺所を継いで毎日うどんを打つ人生を決心するのですが、時既に遅し。父親は急性の心筋梗塞で倒れたまま帰らぬ人となり、「松井製麺所」は閉鎖の危機に立たされます。一方で、「松井製麺所」のうどんを愛していた人々から復活を望む声が高まり、それに突き動かされた香助は「父親のうどん」を再現すべく奮闘していくのですが、ここで彼は大事なことを学ぶのです。それは、自ら笑うこともせず、他人を笑わせることもできないと思っていた父親が、毎日の妥協ないうどん作りを通して、それを食する人々の笑顔を毎日作り出していたこと。そしてそれは、「人を笑わせる」という行為そのものであり、香助にとっての夢と同じ。やがて、彼は「父親のうどん」を(ほぼ忠実に)再現することに成功し、それを食べる子供たちの笑顔に触れます。つまり彼は、コメディアンとして達成できなかった「人を笑わせる」という夢を、父親という存在に学びながら、うどん職人として実現させることに成功したのです……

    で終わるとスッキリすると思うんですが、香助は「父親のうどん」を(ほぼ)再現した直後、うどんを打つことを辞め、再びアメリカへ……… そして3年後、彼はアメリカで大成功して『キャプテンUDON』という映画か何かの主役を務めている、というエンディング。えっと、それなんて自己実現??コマーシャルを見る限りスパイダーマンとかバットマンみたいなヒーロー系のもので、コメディーではないようだし、「笑い」はいったい何処へ……。あまりにも最後伸ばすんで、私はてっきり、「うどん職人としてアメリカで開業して、おいしいうどん食わせてアメリカ人を笑顔にしちゃるぜ!!コメディアン時代にバカにした奴らへのお返しだ!!うどんで世界を笑わしたる!!」みたいなオチかと勝手に思っていたのですが、どうやらものすごい勘違いだったようです(苦笑)

    一方、小西真奈美演じる「彼女」の立場で物語を読むと、すごくスムーズで、わかりやすく完結しているんですよね。「彼女」の視点から見る『UDON』は余力があれば後日にでも…。それにしても、どうして今時そこまで徹底して「世界=アメリカ」なのでしょう……

    e0039500_0382014.jpg

    Corin

    公式:http://www.udon.vc/movie/
    [PR]
    by corin_depper | 2006-09-26 00:40 | レビューと考察
    ノーリッジ国際アニメーション映画祭(NIAF)
    e0039500_485799.jpg英国はイングランド、地方はノーフォーク、ノーリッジ(Norwich)という街で国際アニメーション映画祭が来月、10月18日~21日に催されます。日本からはあの山村浩二監督の作品がスクリーニングされます。上映だけでなく、シンポジウムも開催され、多くの技術者や学術者などの参加があるでしょう。個人的にはスポンサーを眺めて見るのがお薦めでしょうか。詳細は以下のリンクを参照してください。

    Norwich International Animation Festival Official HP
    Yamamura Animation's Page

    Depper

    [PR]
    by corin_depper | 2006-09-23 04:20 | Newsアーカイブ
    ブラジル映画祭ですよ、サラリーマン集合!
    e0039500_045492.jpg最近、通勤中に気になるポスターがコレ→

    ただいま東京国際フォーラムにて『ブラジル映画祭』開催中ですよ。仕事帰りにちょっと覗きに行ってみましたら、丁寧にスタッフの方が対応してくれました。どうやらこの『ブラジル映画祭』、今年で2回目だそうです。この方曰く、この先10年といった長期継続を狙って運営しているそう。この映画祭不況時代に頼もしい発言ですね。ブラジル大使館や国際交流基金といった公的機関に頼るだけでなく、民間企業のスポンサーもつけていますので、やはり今後の展開についてはいかにスポンサーを獲り続けるか、ということになるでしょう。う~ん、がんばれ。

    e0039500_0461151.jpg

    上映している映画は長編、短編合わせて20作品。何かテーマがあるのか?と質問したところ、「プロデューサーがセレクトしてるので・・・」とのことでした(笑)。というのも、1999~2005年と上映作品の制作年に幅があったからなんですが、プログラムを読む限り、おそらくあらゆるジャンル(ラブロマンス、コメディー、ドキュメンタリー、ホラー、戦争、伝記もの等)を取り入れたかったのと、ジョルジ・フルタードというブラジル人監督の近年の作品に焦点を当てたかったのではないかと思います。あと、あくまで印象ですが、いわゆるアダプテーションも目立ちます。例えば『Olga』(オルガ)は同名小説の映画化ですし、『O Homem Que Copiava』(コピーオペレーター)はシェークスピアの『ハムレット』の影響を受けたとインタビューでジョルジ・フルタード監督が説明しています。あと、『Red』(レッド)は現代版「赤頭巾ちゃん」だとのこと。

    ただ、見たい作品の時間が都合となかなか合わず、個人的にはちょっと残念。それで一つ思ったんですが、折角一作品10分程の短編がいくつもあるなら、まとめて2時間1500円で上映するのではなく、12:00~13:00のお昼休みの時間に一作品(10分~20分)500円とかで見せてくれると気軽に入れていいのになぁと。たぶん東京国際フォーラムであれば、立地的にそれなりの数のオフィスワーカーを呼び込めると思うんです。実際に、『ブラジル映画祭』の会場(Hall D)の目の前にある野外広場は、お昼の屋台村が結構有名でして、晴れた日には近くの会社員がたくさん集まるんですよ。そこから客を引っ張って来られれば、アドミッションの収入も多少は増えると思うんです。もんでもって、そしたら私も今週の昼休みがすごく楽しくなったと思うんですよ、はい。と、勝手な提案でしたが、なかなかいいと思いませんか、このアイデア?何はともあれ、『ブラジル映画祭』は9月24日まで開催です。

    e0039500_0531539.jpg
    Corin

    公式:http://www.cinemabrasil.info/
    [PR]
    by corin_depper | 2006-09-21 01:01 | 雑記
    「フィルム文化を存続させる会」上映会&シンポジウム 
    記事タイトルにあるように、「フィルム文化を存続させる会」による8ミリフィルムの上映会とフィルム存続のためのシンポジウムが行われるそうです。デジタル化が進む映画界にあってケミカルな8ミリフィルムで撮られた映画の価値と存在意義を再認識するときが来ているようですね。「文化」と捉えているあたり、応援したくなりますね。映画を作る側と見る側との一体化が求められる活動でしょうし、興味があります。日本に居たらぜひ参加してみたいところです。ちなみにシンポジウムは無料とのことです。

    2006年9月18日(月曜祝日)
    15:00~21:30
    なかのZERO視聴覚ホール
    http://www.nices.or.jp/02guidance/02-1.html

    参加費:1,000円(上映プログラム入替制/シンポジウムは無料)

    その他詳細は↓
    フィルム文化を存続させる会ブログ(イベント情報)
    e0039500_0281824.jpg

    Depper

    [PR]
    by corin_depper | 2006-09-17 00:23 | Newsアーカイブ
    『武士の一分』上映前先行観察
    e0039500_23524652.jpg冬に公開だと思っていた山田洋二監督作品時代劇三部作の三作目『武士の一分』が10月21日から行われる東京国際映画祭のオープニング上映作品となったようです。個人的にはそれなりに思いいれ、といいますか、ぜひ劇場鑑賞をしてこれまでの山田監督時代劇二作品をふまえて分析をしてみたいな、と思っている作品。それが思いのほか早く世に出るということで、楽しみです。きっと、先行上映ということになるので、それなりのアウトプットが出てくると思われますし、ある種現代映画の分析はその作品の最初の上映とそのレセプションから始まるので、出てくるレビュー分析を楽しみながら公式上映を待ちたいと思います。

    がしかし、最初の上映が東京国際映画祭のオープニングというのがやや気になりますね。これは果たして喜ばしいことなのかどうか。個人的に東京国際映画祭と銘打っての運営実行にあまり好意を抱いていないのでそういう思考になってしまうのかもしれないけれど、果たして他国の主たる映画祭とは種を異にし、国際的に(買い付け探しの)映画作品宣伝PRに特化されていると認識されている映画祭のオープニング(象徴)となることがそれほど諸手を挙げて喜べる状況なのだろうか。もちろん過去の二作品と同じく世界的にも注目を集めているであろう三作目の『武士の一分』。さて、その興業はどうなるのでしょう。ある意味楽しみにしたいと思います。

    e0039500_2353921.jpg最後に一つ、珍しい宣伝手法を目にしたので、それについて。それは、映画のフライヤー。よく劇場に置いてある宣伝チラシみたいなものですが、大抵は一種類ですが、『武士の一分』は二種類ありました。この記事上の二つの画像がそれです。一つは非常に暖かい色使いのバックに一本の枝に文鳥二羽。もう一つは非常にディープフォーカスされフレーム際立つ和の建物の屋内ショット。こちらには両脇上部に大きく監督名と木村拓哉の文字。これだけで非常に多くの配給・製作側目論見と計算がわかりますよね。いずれまた、次回の記事にでもこの二種類のフライヤー考察もすこし詳しくしてみたいと思います。
    Depper



    参照:
    公式HP『武士の一分』
    http://www.sanspo.com/geino/top/gt200609/gt2006091313.html(SANSPO.COM)
    [PR]
    by corin_depper | 2006-09-13 22:59 | Newsアーカイブ
    『男たちの大和』レビュー
    e0039500_19384042.jpg個人的な予想を反して結構な興業となったこの映画ですが、先日DVDで鑑賞して意外と面白い構造をしていたのでまとめてレビューします。

    戦闘シーンにCGなどやロケで相当豪勢に大枚がつぎ込まれたことは容易に見て取れ、それなりに感心しましたが、注目したのは主に戦時中の回想部分ではなく、時勢で言うと現在の部分のシーンでした。結論から言いますと、この映画はある意味で「男たちのらしさへの回帰とバックラッシュ」なのではないかと考えさせられたわけです。「男たち」の部分をそのまま「ナショナリズム」と代えて見る事もできると思いますが、これはもうアーロン・ジェロー氏の後追いなのでやめておきます。

    戦時中の大和とその乗組員をめぐる回想のお話しがナラティブの軸でありまたドラマツルギーの主要な部分であることははっきり見て取れますが、全体としてのナラティブの構造はその回想はある一人の男(仲代達矢)の実体験の記憶を通して回帰されたものでして、その回帰を促すのは父の過去に触れて向き合うために来た女性(鈴木京香)なわけですね。そして物語りの最終的な帰結はその男が救済をされるという形で終わるわけです。戦争へ行った世代がその子供の世代の、ここが注目すべきところですが、女性によって救済がなされるわけですよ。

    e0039500_20163675.jpgそして更に面白いところは、戦争へ行った男と戦争へ行った父を持つ娘、それに大いに触発されるのが戦争へ行った世代の孫の世代にあたる15歳の少年なわけです。一つの小さな船に乗って大和に会いに行く、この三者の構成が、3世代によって構成されているわけですね。例えば、最後に少年が船の舵を握りますよね。それはあたかも大海原に浮かぶ島、日本の舵をにぎったように見えたのは私だけでしょうかね。戦争に行った世代は次の世代の女性に救済され、それをまた次の世代の少年に受け継がれていく。ジェンダーで追えば、男→女→男なわけです。戦争に行った世代の男のイデオロギー(主に男らしさ)を2世代後の男へと継承される。そしてその媒介となるのが間の世代の女性。この辺が、この映画をジェンダーという視点で追ったときに非常に興味深いなぁと思わされた所以でした。

    言ってしまえば、この映画のお話は戦時中の回想シーン無しでも成り立つ、そういう構造になっているわけでして、海の上のこの三世代にわたる三者の物語なわけですよね。しかし、映画的なスペクタクルを回想シーンが請け負う、意外に秀逸な構造となっているわけでした。もちろん3世代を出すことによって、各世代の観客層の感情移入ポイントを作るという上でも非常に優等生的なやり方ではありますが、更にジェンダーで見たときに更に興味深いやり方をしているなぁ、なるほど、それなりの興業を上げるわけだとある種納得をした鑑賞となりました。

    さて、この映画を「戦争映画」として括って見るとまた全く違ったレビューとなってしまうわけですが、それは長くなるので割愛ということにしまして、最後にレーティングのことについてすこし。

    見たところ、この『男たちの大和』に映倫はレーティングを行っていないようですが、そうなんでしょうか?もしレーティングをかけていないのであれば、すこし考えさせられてしまいますね~。というか、日本のレーティングらしいといいますか。まず、映像的なバイオレンス度で言えば相当高い部類に入ると思いますし、その描写は見ていて『プライベートライアン』を想起させられたわけなんですけど、見てみると日本で『プライベート』はレーティングないようですね。あー、なるほど、と思うと同時に、『バトル・ロワイアル』がR15にレーティングされた記憶も蘇ってきまして、その映画の暴力的描写と『男たち』のそれとそんなに違うものかと言うことも考えさせられました。これ以上は日本の映倫とレーティング議論になってしまうので、気が付いた点としてここまで。
    Depper


    参照:
    「Fantasies of War and Nation in Recent Japanese Cinema」by Aaron Gerow
    『男たちの大和』公式HP
    [PR]
    by corin_depper | 2006-09-07 20:33 | レビューと考察
    スピンオフのスピンオフ、再び!
    『踊る大捜査線』シリーズに新たな一作が加わるようです。体系的には映画『交渉人 真下正義』から派生した単発TVドラマ『逃亡者 木島丈一郎』と同じカタチで、映画『容疑者 室井慎次』から派生する単発TVドラマの『弁護士 灰島秀樹』となります。詳細は以下のとおり。

    「踊る-」からまた派生作品 [ 09月02日 10時29分 ] 日刊スポーツ

    e0039500_1822829.jpg「踊る大捜査線」から、また新しいスピンオフ(派生)作品が登場する。柳葉敏郎主演映画「容疑者 室井慎次」(05年公開)で八嶋智人(35)が演じた弁護士を主人公にしたスペシャルドラマ「弁護士 灰島秀樹」が10月28日にフジテレビで放送されることが1日、発表された。スピンオフ企画は4作目。シリーズ開始から来年で10年を迎えるが「踊る-」人気は脇を固める個性派キャラクターにより広がり続けている。

    新作ドラマの主人公、灰島秀樹は、警視庁管理官の室井を徹底的に追い詰める弁護士。映画「容疑者 室井慎次」で初登場したキャラクターだ。灰島を演じる八嶋は、これがドラマ初主演。脇役から一転して脚光を浴びることに「『室井』の会見の時は、この流れとは関係ないから、スピンオフもへったくれもないと思っていた。新作を作ってもらえるなんて、うれしかったですね」と、手放しで喜んだ。

    「踊る-」シリーズのスピンオフ企画には、ユースケ・サンタマリア主演映画「交渉人 真下正義」を皮切りに、「容疑者-」、寺島進主演スペシャルドラマ「逃亡者 木島丈一郎」がある。映画は2本とも05年邦画興行収入ランキングトップ5入り。「逃亡者-」も視聴率15・6%と大健闘した。

    新作「弁護士-」とともに、スピンオフ企画計4作品が、フジテレビで一挙に放送されることも発表された。この日、4作品の主演俳優がそろって会見に出席。亀山千広プロデューサーは「この4兄弟を見ていると、何かやりたいと思う。いいメンツですからね。警察権力か分からないけど、何か考えたいと思います」と、新企画も示唆した。

    「踊る-」にはさえない管理職のスリーアミーゴスやマドンナの雪乃など、脇役キャラクターも魅力の1つだった。今回は警察を追い詰める“敵役”まで主人公にした。「踊る-」の世界は広がり続けるが、ファンが待望している織田裕二演じる青島刑事の新作の情報はいまだ聞こえてこない。

    メインはテレビと映画で、スピンオフは映画で、スピンオフのスピンオフはTVで、という棲み分けがとっても合理的、というか計算的ですね。もしスピンオフのスピンオフのスピンオフが生まれるとしたら、電波に乗せることなくDVDだけとかなのかな(笑)。

    ただ、初めて主人公が警察外の人物になるとのことで、物語的に他の踊るキャラクターとどう絡んでくるのか…。灰島弁護士の過去を物語にするのは無理がありそうなので、時間軸的には『容疑者 室井慎次』後を設定したものになるのでしょうかね?

    とりあえず予約、予約っと。
    Corin

    参照:
    Excite エキサイト : 芸能ニュース “「踊る-」からまた派生作品”(日刊スポーツ)
    Excite エキサイト : 芸能ニュース “八嶋智人が弁護士役でドラマ初主演―「踊る」スピンオフ第4弾”(サンケイスポーツ)
    Excite エキサイト : 芸能ニュース “「踊る」番外編第4弾は八嶋主演”(スポーツニッポン)
    [PR]
    by Corin_Depper | 2006-09-02 18:36 | Newsアーカイブ