• 映画を少しばかり外から眺めてみるそのカタチ
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30
    カテゴリ
    LINKS
    IMDB
    Internet Movie Database
    JMDB
    Allcinema Online
    日本映画データベース
    UNIJAPAN
    日本映画情報データベース
    HOGA Central
    邦画最新情報(英語)
    The National Museum of Modern Art, Tokyo
    東京国立近代美術館
    フィルムセンター
    Japan Film Comission Promotion Council
    全国フィルムコミッション連絡協議会
    Federation of Japanese Film Industry, Inc.
    映画産業団体連合会
    Motion Picture Producers Association of Japan, Inc
    日本映画製作者連盟
    Japan Video Software Association
    日本映像ソフト協会
    British Film Institute
    英国映画協会(BFI)
    JASIAS
    日本映像学会
    JSCS
    日本映画学会
    Senses of Cinema
    オンライン映画批評ジャーナル
    Scope
    オンライン映画学ジャーナル
    CineMagaziNet!
    オンライン映画学術批評誌
    Japan Focus
    オンライン日本研究ジャーナル
    Kinema Club
    キネマ倶楽部
    Eiga.Com
    エイガ.ドッド.コム(情報)
    Cinema Topic Online
    シネマトピックオンライン(情報)
    Midnight Eye
    ミッドナイトアイ(アジア映画情報)
    Masters of Cinema
    マスターズオブシネマ(映画情報)
    EIRIN
    映倫管理委員会(公式)
    MPAA
    Motion Picture Association of America (米国映画協会)
    bbfc
    British Board of Film Classification
    (英国映画分類委員会)
    CERO
    コンピューターエンターテイメントレーティング機構
    Box Office Mojo
    興行成績データベース(英)
    ---------------------------------
    読んで「なるほど」と思ったら↓のリンクをクリックして応援お願いします。
    ブログランキングネット

    人気ブログランキング

    映画ブログ村

    人気UPランキング映画・芸能

    ブローグ(ランキング)
    ----------------------------------

    映画学メモ
    *映画学的相互支援サイト
    ためになる映画学入門、
    現在第17回目シネレッスン
    映画とジャンル
    をメモ中!

    ---------------------------------
    <他BLoG LiNK>

    le monde lunatique
    おとぼけ映画批評
    KagoCinema Life
    Slow Train
    Twitch
    知られざるアニメーション
    映画史探訪
    boid
    Hollywood Party
    映画生活(情報)
    赤パン帳 (ΘェΘ)
    ---------------------------------


    最新のトラックバック
    テラびしょびしょw
    from お・な・に・ぃ
    『SAYURI』'05・米
    from 虎党 団塊ジュニア の 日常..
    『SAYURI』'05・米
    from 虎党 団塊ジュニア の 日常..
    名和秋 更衣室を盗撮
    from プロボーラー 名和秋 更衣室..
    負けても勝ち組w
    from ドンパッチ
    ≪40歳の童貞男≫
    from ミーガと映画と… -Have..
    フォロー中のブログ
    以前の記事
    タグ
    検索
    その他のジャンル
    ファン
    記事ランキング
    ブログジャンル
    画像一覧
    “映画ファン”、そして“映画”ってなんだろう
    今日とある株式情報番組を見ていたら、たまたま映画業界特集をやっていました。データをもとに産業という視点から分析されていて、それなりに興味深かったのですが、ところどころ全く関係ない発言もあって、少し違和感を覚えたのでメモメモします。

    というのも、GW映画についての話のなかで、オスカーで話題になった『バベル』について、解説者が本当の映画ファンじゃないと理解できない」という旨の発言をし、またその『バベル』と解説者の言うところの“わかりやすい”映画である『ゲゲゲの鬼太郎』とを比較させて、「日本でどれだけ骨太の映画ファンが育ったか知る機会」と位置づけたんですね。要は、『バベル』が興行的に伸びなければ、もしくは『ゲゲゲの鬼太郎』がヒットでもした場合には、日本の映画ファンは“ホンモノ”ではなく、“骨太”でもないということのようです。
    e0039500_21403716.jpg
    では、『ゲゲゲの鬼太郎』が日本で売れることが、そんなに不思議で、嘆かわしいことでしょうか?もしくは、日本の映画消費者たちの“土壌”や“センス”を疑われるようなことになるのでしょうか?“わかりやすい”映画が受け入れられることが、“わかりにくい”映画が受け入れられないことが、それほど落胆的にとらえられるべき事態なのでしょうか?逆に言えば、“わかりやすい”映画が拒絶されて、“わかりにくい”映画が売れる市場が、成熟しているとでも言うのでしょうか?
    e0039500_2148186.jpg
    映画は、110年間以上にわたって様々に発展してきました。形式や内容で、それを表現するための編集、演技、サウンドといった技術で、幅を広げてきたのです。ナラティブに関して、例えば形式で言えば、アメリカの古典主義を“わかりやすい”映画とするなら、アンチテーゼとなる独表現主義も、仏シュールレアリスムも、伊ネオリアリスムも“わかりにくい”映画になるでしょう。内容的に言えば、フィクションは“わかりやすい”し、アヴァンギャルドは“わかりにくい”。では、ここで質問。“わかりやすい”映画は“わかりにくい”映画よりレベルが低いのか。“わかりやすい”映画を楽しむ観客より、“わかりにくい”映画を理解できる客、もしくは理解できなくても見に行く客のほうがレベルが高いのか。………すごくナンセンスですよね。どれも映画だし、どの映画を楽しんでも映画を好きであることには間違いないわけですよね。いろんな映画があって、そこに各個人それぞれの趣向があり、考え方があり、好き嫌いがあるのは言うまでもなく当然ですが、それらの個性は優劣とは全く関係ないですよね。
    e0039500_2151356.jpg
    消費動向として、『バベル』のような社会問題を取り挙げたシリアスで複雑な作品がウケるかウケないかとか、『ゲゲゲの鬼太郎』のような子供にもわかりやすいファミリー映画が売れるとか売れないとかいった視点でなら、投資家としては興味あるデータだと確かに思います。データで映画作品を、またその観客層を分析することは可能です。しかしながら、『ゲゲゲの鬼太郎』と『バベル』マーケットのデータを見ても、日本社会が集団的に映画の消費に関して“骨太”とか“貧弱”とか、“育った”とか“育たなかった”とか、そんな一個人の偏見や価値観でしか測れない分析は成り立ちません。まあ、別にいいんですよ、個人的にそう考えるのは自由ですし、発言がたまたま株為替情報番組を通じて公共の電波に乗って世に出てしまっただけでしょうから。でも、少なからず同じような考え方をする“映画ファン”もいるんだろうなぁと思って、少し悲しくなったのでした。
    Corin

    [PR]
    by corin_depper | 2007-04-24 22:02 | 雑記