• 映画を少しばかり外から眺めてみるそのカタチ
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30
    カテゴリ
    LINKS
    IMDB
    Internet Movie Database
    JMDB
    Allcinema Online
    日本映画データベース
    UNIJAPAN
    日本映画情報データベース
    HOGA Central
    邦画最新情報(英語)
    The National Museum of Modern Art, Tokyo
    東京国立近代美術館
    フィルムセンター
    Japan Film Comission Promotion Council
    全国フィルムコミッション連絡協議会
    Federation of Japanese Film Industry, Inc.
    映画産業団体連合会
    Motion Picture Producers Association of Japan, Inc
    日本映画製作者連盟
    Japan Video Software Association
    日本映像ソフト協会
    British Film Institute
    英国映画協会(BFI)
    JASIAS
    日本映像学会
    JSCS
    日本映画学会
    Senses of Cinema
    オンライン映画批評ジャーナル
    Scope
    オンライン映画学ジャーナル
    CineMagaziNet!
    オンライン映画学術批評誌
    Japan Focus
    オンライン日本研究ジャーナル
    Kinema Club
    キネマ倶楽部
    Eiga.Com
    エイガ.ドッド.コム(情報)
    Cinema Topic Online
    シネマトピックオンライン(情報)
    Midnight Eye
    ミッドナイトアイ(アジア映画情報)
    Masters of Cinema
    マスターズオブシネマ(映画情報)
    EIRIN
    映倫管理委員会(公式)
    MPAA
    Motion Picture Association of America (米国映画協会)
    bbfc
    British Board of Film Classification
    (英国映画分類委員会)
    CERO
    コンピューターエンターテイメントレーティング機構
    Box Office Mojo
    興行成績データベース(英)
    ---------------------------------
    読んで「なるほど」と思ったら↓のリンクをクリックして応援お願いします。
    ブログランキングネット

    人気ブログランキング

    映画ブログ村

    人気UPランキング映画・芸能

    ブローグ(ランキング)
    ----------------------------------

    映画学メモ
    *映画学的相互支援サイト
    ためになる映画学入門、
    現在第17回目シネレッスン
    映画とジャンル
    をメモ中!

    ---------------------------------
    <他BLoG LiNK>

    le monde lunatique
    おとぼけ映画批評
    KagoCinema Life
    Slow Train
    Twitch
    知られざるアニメーション
    映画史探訪
    boid
    Hollywood Party
    映画生活(情報)
    赤パン帳 (ΘェΘ)
    ---------------------------------


    最新のトラックバック
    テラびしょびしょw
    from お・な・に・ぃ
    『SAYURI』'05・米
    from 虎党 団塊ジュニア の 日常..
    『SAYURI』'05・米
    from 虎党 団塊ジュニア の 日常..
    名和秋 更衣室を盗撮
    from プロボーラー 名和秋 更衣室..
    負けても勝ち組w
    from ドンパッチ
    ≪40歳の童貞男≫
    from ミーガと映画と… -Have..
    フォロー中のブログ
    以前の記事
    タグ
    検索
    その他のジャンル
    ファン
    記事ランキング
    ブログジャンル
    画像一覧
    英国式・米国式プレゼンテーション
    またまたご無沙汰しておりますが、この辺でまた小話を一つ。

    最近は時期的にも映画学関係の研究者の研究発表を聞く機会が激増したわけなんですが、先日もうちの大学が【ワールドシネマ】という枠で教員を募集しまして、書類選考に通った4者の公開プレゼンテーションを聴講してきたわけです。いわゆる自分の直属の上司の人事とあって、いつになく真剣に参加してきたわけですが、その時に一つ目に付いたことを今回は記事にしてみようと思います。

    それは英国式・米国式プレゼン手法の違い

    とでも申しましょうか、4者の発表スタイルに決定的な違いを見たわけです。4者中、2人がイギリスで教育を受け、研究をしてきた人たち、そしてもう2人はそれがアメリカなわけです。 違いを探し出すとキリがないですが、端的に特に何が目だって違ったかといいますと、

    イギリス=座る
    アメリカ=立つ

    ということです。自身の時もそうでしたが、基本的にイギリスでは発表者は腰掛けて発表を行うように思います(発表の場所や状況にもよるでしょうが)。ということで、今回もうちの大学は発表者に机と椅子をもちろん用意したわけです。イギリス派(勝手にそう呼びますが、笑)は促されることもなくまず腰掛けてプレゼンをはじめるのに対し、アメリカ派はその机の前に立ちはだかって半ば仁王立ちのような姿勢でプレゼンをはじめるわけです。

    両者の良し悪しを言うつもりはありませんし、各々それなりの効果があるわけですが、前面に立たれ、片手は腰へ、もう片手に原稿を手にして発表する様はかなり威圧的に映りましたし、こちらも、ムムム、と構えます。一方で、机を隔てて座られると発表者自体の顔やそのいでたちの印象は薄まりますが、目線が下がるためもあるのか、こちらもリラックスして発表内容に耳を傾けられた気がします。

    更に面白かったのは、アメリカ派は発表が終わり司会が質疑応答時に着席を促しても、「I am good in standingです!」みたいな発言を一様にして立ち続けたということでしょうか。これには少々驚きました。質疑応答は多かれ少なかれ、発表者と聴衆とのコミュニケーションとなるわけなので、威圧的に立ち続けられると、半ば対立的な様相を呈してきます。その一方で座っている状態のほうは並列的なコミュニケーション、同じ目線での受け問答ができる印象が強いですし、実際にそういう形になりました。

    少なくとも今回、プレゼンの性質自体が学会発表のようなものではなく、聴衆が学生ではなくほとんどが同じ教員や研究者の立場にある人、そして聴衆がその発表者が自分たちの大学に適格かどうかを判断するという性格を持っているので、発表後のコミュニケーションの場まで威圧的な効果を出そうとするのはむしろ逆効果を生みかねないのでは?と個人的には思いましたが、それもこれも自分がイギリス流に慣れてしまっただけなのかもしれません。なにせ、自身がアメリカからイギリスへ渡ってきた当時に「発表者が座るのかよ?!」と驚いた記憶も蘇りましたしね。。。あの場で何人がその違いに目をつけたかどうか、それも知りたいところです。
    Depper

    [PR]
    by corin_depper | 2006-03-25 01:33 | 雑記