• 映画を少しばかり外から眺めてみるそのカタチ
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31
    カテゴリ
    LINKS
    IMDB
    Internet Movie Database
    JMDB
    Allcinema Online
    日本映画データベース
    UNIJAPAN
    日本映画情報データベース
    HOGA Central
    邦画最新情報(英語)
    The National Museum of Modern Art, Tokyo
    東京国立近代美術館
    フィルムセンター
    Japan Film Comission Promotion Council
    全国フィルムコミッション連絡協議会
    Federation of Japanese Film Industry, Inc.
    映画産業団体連合会
    Motion Picture Producers Association of Japan, Inc
    日本映画製作者連盟
    Japan Video Software Association
    日本映像ソフト協会
    British Film Institute
    英国映画協会(BFI)
    JASIAS
    日本映像学会
    JSCS
    日本映画学会
    Senses of Cinema
    オンライン映画批評ジャーナル
    Scope
    オンライン映画学ジャーナル
    CineMagaziNet!
    オンライン映画学術批評誌
    Japan Focus
    オンライン日本研究ジャーナル
    Kinema Club
    キネマ倶楽部
    Eiga.Com
    エイガ.ドッド.コム(情報)
    Cinema Topic Online
    シネマトピックオンライン(情報)
    Midnight Eye
    ミッドナイトアイ(アジア映画情報)
    Masters of Cinema
    マスターズオブシネマ(映画情報)
    EIRIN
    映倫管理委員会(公式)
    MPAA
    Motion Picture Association of America (米国映画協会)
    bbfc
    British Board of Film Classification
    (英国映画分類委員会)
    CERO
    コンピューターエンターテイメントレーティング機構
    Box Office Mojo
    興行成績データベース(英)
    ---------------------------------
    読んで「なるほど」と思ったら↓のリンクをクリックして応援お願いします。
    ブログランキングネット

    人気ブログランキング

    映画ブログ村

    人気UPランキング映画・芸能

    ブローグ(ランキング)
    ----------------------------------

    映画学メモ
    *映画学的相互支援サイト
    ためになる映画学入門、
    現在第17回目シネレッスン
    映画とジャンル
    をメモ中!

    ---------------------------------
    <他BLoG LiNK>

    le monde lunatique
    おとぼけ映画批評
    KagoCinema Life
    Slow Train
    Twitch
    知られざるアニメーション
    映画史探訪
    boid
    Hollywood Party
    映画生活(情報)
    赤パン帳 (ΘェΘ)
    ---------------------------------


    最新のトラックバック
    テラびしょびしょw
    from お・な・に・ぃ
    『SAYURI』'05・米
    from 虎党 団塊ジュニア の 日常..
    『SAYURI』'05・米
    from 虎党 団塊ジュニア の 日常..
    名和秋 更衣室を盗撮
    from プロボーラー 名和秋 更衣室..
    負けても勝ち組w
    from ドンパッチ
    ≪40歳の童貞男≫
    from ミーガと映画と… -Have..
    フォロー中のブログ
    以前の記事
    タグ
    検索
    その他のジャンル
    ファン
    記事ランキング
    ブログジャンル
    画像一覧
    『Oliver Twist』と「家族」
    前回はオリバーにとっての「家」はブラウンロー家であると考えた後、「Why are you so sad??」(何故そんなに悲しそうな顔をしてるんだね?)…そう、オリバーは「本物のベッド」がある「家」を手に入れても「悲しい」のです。という所まで書いてまいりました。今回は「家」ではなく、「家族」に焦点を当てて、オリバーが「悲しい」理由を考えていきます。

    前回の投稿に合わせて説明すると、オリバーは「孤独だけが友達」のまま1st candidateであった救貧院でも、2nd candidateであったサワベリー家でも「家族」を見つけられず、ロンドンに出ます。そして…

    [ stage4: 3rd candidate ]
    e0039500_4313014.jpg

    第三の「家族」候補であるフェイギンとその手下たちです。「ゲーム」を見たオリバーはこのシーンで初めて笑顔を見せ、声を出して笑います。ちなみにこのシーン以降、声を出してオリバーが笑うことは二度とありません。ここでオリバーは「外へ出たい」=仲間のようにスリをしたい=この「家族」の一員になりたいという意志をフェイギンに告げ、フェイギン相手にスリ・デモンストレーションを見事にこなして見せます。しかし…

    [ stage 5: 4th candidate ]
    e0039500_4315691.jpg

    スリ・デビューの日、フェイギン一家の一員になる目前にして、仲間のスリを目撃され逃げ遅れたオリバーは第四の「家族」候補ブラウンローに保護されます。綺麗な服を着て居間に下りてきた際に交わす会話から推測するに、保護されていたのはほんの数日(もしくは1日?)。その会話の内容にオリバーの「出ていかなければだめですか?」という発言があり、「ここにいたい」という意志が見えます。オリバーにとって「家族」候補がブラウンロー氏になりますが、その日のうちに…

    [ conclusion: Fagin as Oliver’s family / father ]
    e0039500_432863.jpg

    本屋にお使いに行く途中、無理やり第三の「家族」候補であったフェイギンのもとに連れ戻されます。「Help!!Help!!」と抵抗していることから、オリバーのなかではブラウンロー氏が未だ家族「候補」です。ドジャーたち手下も、オリバーにとってはもはや仲間でも家族でもなくなります。

    まもなく、強盗。オリバー重症。

    怪我をしたオリバーはビルに早々始末されそうになりますが、フェイギンが先延ばしにさせて匿い、治療します。そこでオリバーはフェイギンに再び心を開き、感謝するようになります。そして、オリバーの深い傷口にフェイギンが緑色をした秘薬:「父から息子へと受け継がれる薬」を塗って埋めたとき、オリバーはフェイギンの「息子」になり、フェイギンはオリバーの「父親」に…。このシーンは、物理的な外傷の治療だけではなく、心理的にもオリバーの「家族のいない傷」をフェイギンが「保護という薬」で癒したとも考えられ、二人が「親子」になる儀式的な意味を持っていると考えられます。

    しかし、「オリバーの救出劇」が始まります。重要なのは、この後に起こるナンシーの密告、フェイギンの「家」からの退去、ビルの人質、そして警察・ブラウンロー氏による保護といった一連の出来事は、「オリバーの救出劇」として描かれているものの、実質的にはオリバーの意志が全くといっていいほど絡んでいないということです。つまり、彼は受身なままブラウンロー氏の「家」に辿りついてしまいます。

    そして、そして、しつこいですがもう一度。
    「Why are you so sad??」(何故そんなに悲しそうな顔をしてるんだね?)
    by ブラウンロー氏
    オリバーはもう一度「父親」であるフェイギンに会いたい意志をブラウンロー氏に告げます。面会直前で意思確認をするブラウンロー氏に、オリバーは「僕の望みです。」と答えています。

    フェイギンと再会したオリバーは次のような会話を交わします。
    オリバー:「You’ve been kind to me」(あなたは僕に親切にして下さいました)
    フェイギン:「I’ll be kind again, I’ll be kind again…」(また優しくしてあげるよ、また優しくね…)
    この言葉を聴いたオリバーは泣きながらこう叫びます
    「神様、許してあげて!!」
    しかし、オリバーの望みも虚しく、「父親」であったフェイギンは絞首刑に処され、オリバーはやっと得た「家族」を失います。

    よって、この映画はオリバーにとっての「家」と「家族」が一致しないまま、また「家族」を得られないまま結末を迎えてしまうことになります。

    では、なぜ「ブラウンロー氏=オリバーの父親」ではないのか。その理由は物語上ブラウンロー氏とオリバーの繋がりが発展していないためです。この二人を「親子」にするほどの関係描写がなく、薄い。最初の投稿で述べたとおり、予告編でもブラウンロー氏の存在が完全に無視されていたことからもわかります。エンディング、馬車のなかでオリバーとブランロー氏のツーショットが続きますが、ブラウンロー氏がオリバーの肩を抱き寄せてもオリバーは笑っていない。なんか、正直ドナドナみたく見えてしいました、私には。以上の点では、この映画はハッピーエンディングとはいえないかもしれませんね。

    Corin

    公式:
    http://www.sonypictures.com/movies/olivertwist/site/(英語)
    http://www.olivertwist.jp/(日本語)
    [PR]
    by corin_depper | 2006-02-05 04:46 | レビューと考察