• 映画を少しばかり外から眺めてみるそのカタチ
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31
    カテゴリ
    LINKS
    IMDB
    Internet Movie Database
    JMDB
    Allcinema Online
    日本映画データベース
    UNIJAPAN
    日本映画情報データベース
    HOGA Central
    邦画最新情報(英語)
    The National Museum of Modern Art, Tokyo
    東京国立近代美術館
    フィルムセンター
    Japan Film Comission Promotion Council
    全国フィルムコミッション連絡協議会
    Federation of Japanese Film Industry, Inc.
    映画産業団体連合会
    Motion Picture Producers Association of Japan, Inc
    日本映画製作者連盟
    Japan Video Software Association
    日本映像ソフト協会
    British Film Institute
    英国映画協会(BFI)
    JASIAS
    日本映像学会
    JSCS
    日本映画学会
    Senses of Cinema
    オンライン映画批評ジャーナル
    Scope
    オンライン映画学ジャーナル
    CineMagaziNet!
    オンライン映画学術批評誌
    Japan Focus
    オンライン日本研究ジャーナル
    Kinema Club
    キネマ倶楽部
    Eiga.Com
    エイガ.ドッド.コム(情報)
    Cinema Topic Online
    シネマトピックオンライン(情報)
    Midnight Eye
    ミッドナイトアイ(アジア映画情報)
    Masters of Cinema
    マスターズオブシネマ(映画情報)
    EIRIN
    映倫管理委員会(公式)
    MPAA
    Motion Picture Association of America (米国映画協会)
    bbfc
    British Board of Film Classification
    (英国映画分類委員会)
    CERO
    コンピューターエンターテイメントレーティング機構
    Box Office Mojo
    興行成績データベース(英)
    ---------------------------------
    読んで「なるほど」と思ったら↓のリンクをクリックして応援お願いします。
    ブログランキングネット

    人気ブログランキング

    映画ブログ村

    人気UPランキング映画・芸能

    ブローグ(ランキング)
    ----------------------------------

    映画学メモ
    *映画学的相互支援サイト
    ためになる映画学入門、
    現在第17回目シネレッスン
    映画とジャンル
    をメモ中!

    ---------------------------------
    <他BLoG LiNK>

    le monde lunatique
    おとぼけ映画批評
    KagoCinema Life
    Slow Train
    Twitch
    知られざるアニメーション
    映画史探訪
    boid
    Hollywood Party
    映画生活(情報)
    赤パン帳 (ΘェΘ)
    ---------------------------------


    最新のトラックバック
    テラびしょびしょw
    from お・な・に・ぃ
    『SAYURI』'05・米
    from 虎党 団塊ジュニア の 日常..
    『SAYURI』'05・米
    from 虎党 団塊ジュニア の 日常..
    名和秋 更衣室を盗撮
    from プロボーラー 名和秋 更衣室..
    負けても勝ち組w
    from ドンパッチ
    ≪40歳の童貞男≫
    from ミーガと映画と… -Have..
    フォロー中のブログ
    以前の記事
    タグ
    検索
    その他のジャンル
    ファン
    記事ランキング
    ブログジャンル
    画像一覧
    劇場鑑賞について少し考える
    <米国の25歳未満の男性、映画の鑑賞数が減少=調査(Excite : 芸能ニュース)>
    <映画を日本にデジタル伝送-NTTと米ワーナーが開始(サンスポ.COM)>

    上記の2つの記事を同じ日に読んで、映画と劇場上映についてすこし考えさせられた。仮に、映画を「製作・配給・上映」という3つのプロセスで捉えるとしたら、記事の通り改革というべきか変化というべきか、それを最も迫られているのが「上映」のプロセスなのかもしれない。どんな映像作品であれ、たとえ8mmに撮られたお父さん製作のホームビデオでさえ、つまり一般に限らず個人レベルのものも「上映・鑑賞」というプロセスが絶えずついてまわるわけであって、ある種不可避なものだ。特に商業映画にとって「上映=興行=利益」という構図は、製作以前から付いて回る切っても切れない関係だ。

    元々映画は技術の進歩と伴に上映形態を変化させてきた。音が付き、いわゆる舞台演劇のようなオーケストラは不必要になり、色が付き、映像上の情報が格段に増して、見世物としての劇的な要素も同時に増した。戦時中などはプロパガンダに映画をつかって、劇場はそういう役割も果たすようになったし、ニュース・ジャーナリズムとしての場でもその機能を果たした。そしてそれらを家庭へ持っていってしまったのが、テレビの登場であるし、劇場はテレビとの(音・映像・スクリーン規模など)差別化をはかることで、劇場で上映すると言う行為に意義と有益性を見出してきた。アメリカで発達したドライブインシアターもその一形態だ。

    そしてこの10年はデジタルという技術と映画は対面を迫られてきたし、製作上ではCG映像(CGI)がその支配力を増し続けている。エキサイトの記事はDVDというソフトの発達が劇場上映の有益性を凌駕しようとしている結果であろうし、サンスポの記事は、家庭ではありえない劇場の大きなスクリーンにより映像をきめ細かく映すことで有益性を確保しようとする試みであり、それは同時に実際の配給の効率化が図られるわけだ。

    そしてその試みを日本でするというのが興味深いというべきか、謎というべきか・・・。日本の鑑賞文化・形態・消費傾向と米国のそれらとでは少なからず差異があるわけだから。個人的には日本の観客の方が劇場での技術的な機能について疎いように思う。なにせ、故郷に戻った時に、郊外に新しく大きなシネコン出来て、古い劇場の多くは閉館してしまったということで、それまでは実家から歩いても行けたところからわざわざ車でその新しいシネコンに映画を見に行った時の驚き。音声がただのスクリーン左右からのステレオサウンドだったことに驚愕。そして見終わった後に一緒に出てきた客たちは口々に「やっぱり劇場で見るのはいいよな~」とのこと。だ~れも音声のことを訝しがる人の姿は見受けられなかった。だもので、映像のクオリティがデジタル上映によって上がるとして、そこにどれだけの観客が反応するのか、そしてその効果などのデータは(どのように取るのか知らないが)米国で役に立つのかな。それとも米国でも同じ実験をどこかで同時にするのかな。それなら世界第二のマーケットの日本もテストすると言う意味で話が通るが。そんなことを考えさせられた2つの記事でした。

    いわゆる個人的なホームムービーの域でさえケミカルのフィルムが衰退する中で、これからデジタルがどのように映画の「製作・配給・上映」を変えていくのかを注視して議論することが今のその時代に生きる映画人の使命のようにも感じる今日この頃。私のような完全な見手(受け手)ではなく、いわゆる作り手の人たちはどう考えているのだろう。二十年後、三十年後に映画はどうなっているのかな。
    Depper

    [PR]
    by Corin_Depper | 2005-10-12 11:47 | Newsアーカイブ